about

原貫太書籍『世界を無視しない大人になるために 僕がアフリカで見た「本当の」国際支援』大好評販売中!

--

誰だって、一度は思ったことがあるだろう。今この瞬間にも、世界には紛争や貧困で苦しんでいる人がいるのはなぜなのだろうと。その人たちのために、自分にできることはなんだろうと。

僕は、世界を無視しない大人になりたい。  —本文より抜粋

ある日突然誘拐されて兵士になり、戦場に立たされてきたウガンダの元子ども兵たち。終わりの見えない紛争によって故郷を追われ、命からがら逃れてきた南スーダンの難民たち。

様々な葛藤を抱えながらも、"世界の不条理"に挑戦する22歳の大学生がアフリカで見た、「本当の」国際支援とは。アフリカで紛争が続く背景も分かりやすく解説。今を強く生きる勇気が湧いてくる、渾身のノンフィクション。

<目次紹介>
はじめに
プロローグ  手が震えた
第一章    アイーシャさんとの出会い
第二章    約束を守れるか
第三章    3万人の子ども兵たち
第四章    本当に意味のある支援
第五章    立ち上がる元子ども兵たち
第六章    忘れてはいけないこと 南スーダン難民との出会い
エピローグ  世界を無視しない大人になるために

<著者紹介>
1994年生まれ。早稲田大学4年。
大学1年時に参加したスタディーツアーで物乞いをする少女に出逢ったことをきっかけに、「国際協力」の世界へと踏み込む。2014年に学生NGOバングラデシュ国際協力隊を創設、第一期代表としてストリートチルドレン問題に取り組む。国内での講演多数。
交換留学生として、カリフォルニア州立大学チコ校にて国際関係論を専攻。帰国後、赤十字国際委員会駐日事務所でインターン。また、認定NPO法人テラ・ルネッサンスでもインターン生として活動し、ウガンダ北部で元子ども兵士社会復帰支援や南スーダン難民調査、ブルンジで紛争被害者支援などに従事。ハフィントンポスト日本版ブロガー。